伴侶の死 配偶者の死、夫の死、主人の死を乗り越えるためのボランティアグリーフケアサポートグループです。

伴侶の死を乗り越える集い 虹の架け橋
大切な伴侶を亡くされたあなたへ

伴侶の死を乗り越える集い 虹の架け橋とは・・・

活動拠点
〒162-0823
東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
東京ボランティア・市民活動センターメールボック37号
会名称 ボランティア団体 ”伴侶の死を乗り越える集い 虹の架け橋”
対象者 当会の趣旨に賛同される(入会時)年齢40代から60代の伴侶(配偶者)を亡くされて5年以内の新規登録者は、”支援プログラム”参加者のみとさせていただきます。
(死別経過後5年以上経過されていても子育てをされていて参加できなかった方は参加可能といたします)
本会の趣旨 伴侶の死を乗り越える集い 虹の架け橋は、伴侶死別者に対して”支援プログラム”を中心として互いに対等に体験の共有、悲嘆の援助、夫や妻の死から立ち直るためにサポートや分かち合いを行っているボランティア団体です。

私達は、専門家の手にグループの運営を委ねず、自助グループとして同じ境遇と気持ちを有する体験者ならでこそわかる、苦しみ、悲しみに寄り添い、最愛の伴侶の死と言う辛い体験をし悲しみの中で成す術を失っている方々に語り合い、さらに仲間同士の共感が問題解決に寄与して安心できる場を提供することを目指し、死別経験者でもある虹の架け橋スタッフが様々なサポート活動を行っています。
本会の目的 伴侶の死を体験した者同士がお互いの体験を語る中で、共有し支え合い立ち直りを目指します。
本会の活動により人間として成長し、生き直しをはかります。
虹の架け橋スタッフ 「こころの支援室」「談話室」「イベント」「支援プログラム」等6名のスタッフで運営しています。
またスタッフの育成とチームワーク結束、専門的な知識の向上を目指しています。
本会について 当会は、宗教・政治・営利団体とは一切関係はありません。

会場には安心・安全のルノアール会議室等を利用しています。

会員同士の迷惑行為、セクハラ、パワハラ、暴力やストーカー行為等に対しては厳しく対応・管理しています。

個人情報保護及びお話された内容について皆様の個人情報を守り、個人情報を適正に管理し保護するための方針を定め、その徹底に努めています。当該者の承認なく,当該情報を外部へ公開することは決してありませんのでご安心ください。

テレビや新聞・雑誌などの取材または研究・調査などは、お断りしておりますのでご了承ください。

私たちがグリーフ・ケア活動を行っている理由・・・

私たち、虹の架け橋スタッフは、夫・妻との死別後、伴侶を亡くした方々を支援する会、「旧ほほえみネットワーク」に入会し、多くの方たちに支えられながら伴侶の死を乗り越えつつ、グリーフ・ケアスタッフとして係わって参りました。

ところが、2013年7月をもって、この「旧ほほえみネットワーク」が解散することとなり、この会のお陰で今日まで生きてくることが出来た私たちは、この会を失くすわけにはいかないと、本会「虹の架け橋」を数人の有志で立ち上げました。

伴侶の死を乗り越える集い虹の架け橋とは・・・

その後、幸いにも「ほほえみネットワーク」の解散を惜しむ同会会員の方からも、本会の設立を支持するたくさんの声を頂戴することができました。

本会設立スタッフは、「旧ほほえみネットワーク」にてワークリーダーを務めた4人が立ち上げ、多くの方々の悲しみに寄り添ってきた経験を持っています。またスタッフ・会員すべてが伴侶との死別経験者です。

同じような辛さを経験した方達と話をしたり、話を聞いたりすることで心の整理ができると考えています。
悲しいことにはフタをしてしまわず、決してお話が上手でなくても構いません。ご自分の言葉でお話しくださればいいのです。

会員は40代から60代の方が在籍しています。
どうぞ勇気を出して、ご参加ください。

活動内容

こころの支援室 虹の架け橋に初めて参加される死別間もないの方または年数は少し経ったけれどまだお気持ちの辛い方を対象としたプログラム参加を前提としたミーティングです。
”こころの支援室”は、プログラム開催迄ご参加頂けます。(予約制です)
(メニューの初めて参加される方へをご参照ください)


死別回復支援プログラム 年1〜2回開催される8人前後でテーマに添って行う全7回のグループミーティングです。
談話室  死別直後で辛い方や不安な方や少し元気になられた方の分かち合いの場として皆さんの懇親を深める場所としてご活用ください。
(予約不要です)

発起人

代表 高橋 勉(2009年11月死別)
副代表 菅原倫子(2008年6月死別)
副代表 須藤美代子(2010年12月死別)
監査 吉澤和江(2010年7月死別)