支援プログラム|虹の架け橋は伴侶の死・配偶者との死別を乗り越え、伴侶・配偶者・夫・妻)と死別された方が伴侶(配偶者)の死から立ち直るために死別からの回復を支援しグリーフ・ケアを行う集いです。プロの専門カウンセラーではありませんが、同じ境遇と気持ちを有する体験者ならでこそわかる、苦しみ、悲しみに寄り添い、最愛の伴侶の死と言う辛い体験をし、悲しみの中で成す術を失っている方々のために、共感し安心できる場を提供することを目指しています。

伴侶の死を乗り越える集い 虹の架け橋
大切な伴侶を亡くされたあなたへ

支援プログラム

支援プログラム

第6回「死別回復支援プログラム」開催についてのお知らせ

第6回支援プログラムが以下の通り平成29年10月7日より8名の方にご参加いただき開催し、第3回目が終了いたしました。

8人前後のグループで、死別後に訪れる「悲嘆のプロセス」に基づき、参加者同士が自分の経験を話し、気持ちを分かち合い支え合うことで伴侶を失った悲しみから立ち直ることを目指します。

同じ体験をした者同士が、孤独・後悔・罪悪感など、さまざまな感情を共感することにより、連帯感が生まれ今後生きていく上で大きな支えとなってくれる仲間とも巡り合えることでしょう。

参加して下さっている方からは、
・初めて、伴侶の死について話が出来てよかった。
・一人ではないんだと思えた。
・同じ病気の人の話を聴けて少し楽になれた。
などのお声を頂いております。

伴侶を亡くされてからの月日や年齢、性別も様々ですが、皆、喪った伴侶を思う気持ちは同じです。 
ご自分の辛い気持ちを吐き出し、また、他の方のお話を聴くことにより、このプログラム終了時には、少しでもお元気になっていらっしゃることを、スタッフ一同願ってやみません。

日時 : 平成29年10月7日(土)〜平成30年1月6日(土)は、終了いたしました。
会場 :ルノアール飯田橋西口店
参加資格:『こころの支援室』に参加された方
参加費: 10,000円(会費3,000円含む)
既に会員の方は7,000円
 
(各回毎に会場費、飲物代、資料代として1,000円)

[プログラム]
  第1回 オリエンテ−ションと伴侶の死
  第2回 伴侶の死を受け入れたくない気持ち
  第3回 怒りの感情
  第4回 罪悪感と後悔の気持ち
  第5回 孤独感と周囲とのつながり
  第6回 抑うつ感
  第7回 新たな生きがいを求めて

                   虹の架け橋事務局